2008年05月23日

TOYOTAのカイゼン残業扱い

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_05/t2008052214_all.html

たいていの製造業の方ならば聞いたことがあると思いますが、QCサークル活動の事です。
作業時間外に行われ、設備やら業務の改善を目的として行う活動なのですが、たいていは残業代などはつきません。なぜならばこれは作業者が「自主的」に行うものだとの認識なのです。ですが不思議なことに自主的にもかかわらずこの改善案について月何件以上出せと言ったノルマを聞くこともあります。
上の役職の方は勘違いしてるんじゃありませんか?
仕事はそれを気付いた時点で改善していくことが有効なのであり、人から押しつけられたものはただの小手先でしか無いと思います。それこそ部品の位置を変えて10秒短縮って・・・
また作業者の方も就業中でもかまわないのでちょっと思ったことややりづらいなと思ったことをその場で発言することが大事なんじゃ無いかと思います。
QC活動自体は日本の製造業が世界トップレベルになったその証ですから、こういうのは継続していきたいですね。
ラベル:TOYOTA
posted by ユッキー at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。