2008年05月08日

文化庁がiPodなどの携帯プレーヤーまで補償課金を提案

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/05/07/19455.html
http://www.asahi.com/digital/av/TKY200805050202.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000077-jij-soci

文化庁からこんな提案が出てくるとは馬鹿馬鹿しい限りです。
APPLEも以下のコメント
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20350151,00.htm

こういった補償金の2重3重取りがお役所仕事してる人達の頭の中身だということですね。
機械にかけるならコピーワンスやらダビング10など止めるのが筋だと思いますけどね。どうせJASRACで私腹肥やすだけのお金にしかならないんだし。
ワンセグ付き携帯電話持ってるとNHKの集金人が徴収しにくるんじゃないか?と誰かが言ってましたが、あながち冗談にならなくなってきましたね。
ちょっと難しいですが、こんな意見も参考に
http://slashdot.jp/yro/article.pl?sid=08/05/06/1151241
ラベル:著作権 課金 ipod
posted by ユッキー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。