2008年04月11日

映画「靖国」出演者が削除依頼

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200804100101.html

出演者の刀匠が説明された主旨と違うとして自分の出てる映像箇所を削除してくれるよう希望したそうです。
これに対し、監督は国会議員からの圧力として抗議しました。
http://www.asahi.com/national/update/0410/TKY200804100304.html

さて自分としてはこのような映画もあっては良いのではないかと。
ただし、出演者の了承が得られないまま上映するのは禍根が生じると思いますから、この辺りはどうにか解決してほしいものです。
いわんや政治的圧力はもってのほか。中身を見てから評価するのが正しい映画の見方ではないかと思います。
ラベル:靖国
posted by ユッキー at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。