2008年10月16日

B-CAS見直し検討へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000039-zdn_n-sci
http://slashdot.jp/yro/article.pl?sid=08/10/16/0258250

色んな意味で胡散臭いB-CASをチップ化やプログラムで出来ないかの検討に入るそうです。
B-CAS自体独占禁止法に引っかかりそうなシステムなのに加えてフリーオやら今後出てくるB-CASを必要としない機器に対しての防波堤を作る意味合いもあるんでしょうね。
特に海外からの参入もありそうですし。
一番は絶対テレビを見るという前提が崩れかけているのが予想外だったんでしょう。今やPCでもDVDでもコンテンツはテレビでなきゃいけないってことはなくなってますから。
利権という旨みが無くなるのが一番恐れているのが実情でしょう。
posted by ユッキー at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108170071

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。