2008年07月30日

任天堂、「マジコン」提訴へ

任天堂のDSはかなり売れ子供からかなり大人の方も持っていて大ヒットになった商品ですが、このDS(DSライト)って携帯ゲーム機はある装置をつけることにより、ゲームソフト本体が無くてもつまりネット上にあるプログラムをこの装置に入れることによりゲームが動かせてしまいます。
これが「マジコン」。マジコンは何種類かあってその総称です。
今回任天堂はこのマジコンを取り扱ってる会社?なのか卸元なのかは知りませんが5社を提訴しました。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/K2008072900371.html
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/07/29/20416.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/07/29/029/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000000-isd-game
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080729_nintendo_r4ds/

このせいでやっぱり秋葉原では駆け込み需要が発生してるとの事。
多分場合によったら今週末とかその次くらいには無くなってしまいそうです。amazonでも取り扱いしてましたからこのあたりも早々にやめるんではないかと(今日の時点ではまだ売っている)。
このニュースを読む限り、任天堂はかなり本気っぽい感じがしますね。
posted by ユッキー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103873827

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。