2008年06月10日

小学館に漫画家が続々苦言

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080609204458/JCast_21499.html

雷句誠さんが訴訟を起こしたのをきっかけに色んな漫画家の方々から小学館に対して苦言が飛び出してきてるようです。
漫画家の地位ってまだまだ低く扱われていたんですね。
擁護の意見もあるようですが、これは贔屓していたのかそれともそれぞれ担当編集者の違いからきてるんでしょうか?
ちょっと簡単には収まりそうもないような感じですが。
posted by ユッキー at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100077010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。